ケアプロストの使い方

ケアプロストは、まつ毛の長さだけではなく、まつ毛の量を増やす効果があるため、多くの方がまつ毛育毛剤として愛用しているものです。

 

ケアプロストは、緑内障の治療の目薬として使用されているものですが、まつ毛の成長を促す働きが認められ、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)に許可された、ジェネリック医薬品です。ケアプロストの使い方には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

・ケアプロストの基本的な使い方

1日1回、上まつ毛の根元にケアプロストを塗るだけです。大切なことは、ケアプロストがまつ毛の根元にしっかりと浸透するようにすることです。

 

まず、メイクやマスカラを落として、まつ毛を清潔な状態にしましょう。

 

ケアプロストは、本来、目薬として販売されているものなので、ケアプロストをまつ毛につけるための、アプリケーターが容器についていません。ケアプロストの専用アプリケーターが販売されているので、そのアプリケーターを使用します。

 

アプリケーターの先に、ケアプロストを1滴たらして使用します。ケアプロストは、医薬品であるため衛生を保つためにも、アプリケーターは使用後、その都度捨てるようにしましょう。

 

・ケアプロストの効果的な使い方

ケアプロストは、平均的に3ヶ月程度でまつ毛に変化が見られるようです。

 

まつ毛には、毛周期があり、まつ毛の成長のスピードにも個人差がありますが、ケアプロストは、まつ毛の成長期にその効果を発揮します。ケアプロストは、まつ毛の成長期の期間を伸ばす働きがあるため、まつ毛の成長を促すことが出来ます。

 

その働きによって、まつ毛が長く伸びるというわけです。

 

ケアプロストを使用してまつ毛を育毛している最中は、まつ毛の成長を促すためにも、出来るだけ、まつ毛に負担を与えないようにしたいものです。マスカラなどに繊維が入っているものを使用すると、マスカラを取る際に、まつ毛に負担が掛かる場合があります。まつ毛の育毛の最中には、毎日のマスカラを、まつ毛に負担が掛からないものにすると良いでしょう。

 

ケアプロストは、1日の決められた用量を守って、毎日、継続して使用すると効果的です。