緑内障の目薬

緑内障は、初期の頃は自覚症状がほとんどなく、そのまま症状を悪化させるケースが多い病気のひとつです。眼科検診などで早めに緑内障が発見された場合、速やかに治療をスタートさせることが出来るため、完治する可能性も高くなります。治療の中で目薬が使用されることがありますが、どのような目薬があるのでしょうか。

 

・炭酸脱水酵素阻害剤

炭酸脱水酵素阻害剤には、トルソプト・エイゾプトがあります。これらには、炭酸脱水酵素を阻害して、房水量を減らす効果があります。

 

・プロスタグランジン製剤

プロスタグランジン製剤には、ルミガン・トラバタンズ・タプロス・レスキュラ・キサラタンがあります。これらには、ぶどう膜強膜経路の房水排出を促す効果があります。

 

・交感神経刺激薬

交感神経刺激薬には、ピバレフリンがあります。これには、房水の産生を抑制することにより、房水の量を減らす効果があります

 

・副交感神経刺激薬

副交感神経刺激薬には、サンピロがあります。これには、シュレム管経路の房水流出を促す効果があります。

 

・抗コリンエステラーゼ薬

抗コリンエステラーゼ薬には、ウブレチドがあります。これには、シュレム管の圧迫をなくして房水の流れを良くする効果があります。

 

・β遮断薬

β遮断薬には、リズモンTG・ミケランLA・ミケラン・チモプトール・チモプトールXEがあります。これらには、β受容体の作用を遮断することで、房水の量を減らす効果があります。

 

・β1遮断薬

β1遮断薬には、ベトプティック・ベトプティックエスがあります。これらには、β遮断薬と同様に、β受容体の作用を遮断することで、房水の量を減らす効果があります。

 

・α1・β遮断薬

α1・β遮断薬には、ミロル・ハイパジールコーワ・ニプラノールがあります。これらには、プロスタグランジン製剤と同様に、ぶどう膜強膜経路の房水排出を促す効果があります。

 

・α1遮断薬

α1遮断薬には、デタントールがあります。これには、α1・β遮断薬と同様に、ぶどう膜強膜経路の房水排出を促す効果があります。

 

緑内障には数多くの目薬があります。症状によって使用する目薬が違う場合があり。また、目薬を組み合わせて使用することもあるのだそうです。